今や生活習慣病の歯周病

歯周病は、日本では成人のおよそ8割が罹患しているか、あるいはその予備軍であると言われるほど蔓延している病気です。初期の段階では自覚症状がほとんど見られないため、歯ぐきから出血しているなどの症状が見られたときには重症化していることも珍しくなく、歯を失う第一の原因と考えられています。

歯周病の原因は「歯周病菌」という細菌です。この歯周病菌はプラーク(歯垢)や歯石内で増殖して歯ぐきに慢性的な炎症を引き起こし、歯ぐきや顎の骨を溶かしていきます。

歯周病が体に与える影響

最近の研究では、歯周病が全身のさまざまな疾患に関係していることが明らかになってきています。また、妊娠中の方や高齢者の場合は、別のリスクがあることも確認されています。お口と体の健康を守るため、歯周病を徹底して予防しましょう。

心臓疾患 歯周病菌が血管を通じて心臓に到達し、動脈硬化や血栓の形成を誘導すると考えられています。動脈硬化や血栓によって血液の流れが妨げられると、狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなります。
誤嚥(ごえん)性肺炎 食べ物などが誤って気管や肺に入り込み歯周病菌に感染すると、肺炎などの炎症を起こすことがあります。これが「誤嚥性肺炎」です。飲み込む力や免疫力の衰えた高齢者に多く見られますが、適切な歯周病治療により、予防できる可能性があります。
糖尿病 歯周病は糖尿病と密接に関係していると考えられています。血糖値が上昇することで免疫力が低下してしまうと、歯周病が発症・進行してしまい、また歯周病が原因で血糖値のコントロールが困難になることから、糖尿病が悪化してしまうことがあるのです。
低出生体重児・早産 妊娠中に歯周病にかかると、低出生体重児や早産の危険度が高くなるという研究報告があります。これは、歯周病菌が血管を通って陣痛に似た筋肉の収縮を引き起こすためと考えられ、タバコやアルコールなどによるリスクよりも危険性は高いと言われています。
骨粗しょう症 骨粗しょう症は、骨代謝に関係している「エストロゲン」というホルモンの分泌が低下することで起こる病気です。骨粗しょう症によって歯や顎の骨の強度が低下してしまうと、歯周病も重症化してしまうと考えられています。
関節炎・腎炎 関節炎や糸球体腎炎の原因となる黄色ブドウ球菌や連鎖球菌は、口腔内に多く存在します。お口の中の細菌や歯周炎によって作り出された炎症物質が血液中に入り込むことで、関節炎や糸球体腎炎を発症することがあります。

歯周病とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームとは、高血糖・高血圧・脂質異常症・内臓脂肪型肥満のうち2つ以上の因子が重なっている状態のことを指しますが、同時に歯周病に罹患していることが多いと言われています。

メタボリックシンドロームを治療せずに放置しておくと、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めることが知られていますが、これらの病気は歯周病の進行とも大きく関係しています。一方、歯周病を治療することでメタボリックシンドロームの改善も見られるという研究報告もあり、歯科だけでなくさまざまな分野の医師がこの因果関係に注目しています。

歯周病の症状や治療方法はこちらで紹介しています。

  • ページの先頭に戻る