自分の歯のようにしっかりと咬めるインプラント

インプラント治療とは、ムシ歯や歯周病によって失ってしまった歯の機能を回復させる治療法の一つです。歯を失った場所の顎の骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯の機能を回復します。

インプラント治療は、埋め込んだ人工歯根が顎の骨としっかり結合することで、天然歯と同じような安定した咬み応えが得られます。また、1本の歯から治療できるうえ、周囲の健康な歯には負担がかからないという優れた特徴もあります。さらに装着する人工歯は、ご自分の歯と同じような美しい見た目や質感の再現が可能になるため、現在多くの患者様に選ばれています。

インプラントと他の治療の違い

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
 

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 保険が適用しない
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

歯科用CTの重要性

歯科用CTは、インプラント治療において必要不可欠な装置です。

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込む手術を行います。肉眼では確認できない骨に正確に人工歯根を入れなければならないため、骨の状態や骨量などをきちんと把握することがとても重要になります。X線では平面的な画像しか得られないため、治療する部位の詳細な状態を把握することが困難ですが、CTでは口腔内の3D立体画像を得られます。そのため、あらゆる角度からの検証・シミュレーションが可能になり、精度の高いインプラント治療が可能になるのです。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

治療をはじめる前にしっかりとカウンセリングを行います。担当の医師が患者様の症状やご要望をしっかりうかがい、インプラント治療について詳しい説明を行います。

検査・診断

CT撮影などの各種検査を行い、得られた結果を総合的に検討します。なお、ムシ歯や歯周病など他の症状が見られる場合は、その治療を優先します。

治療計画の決定

検査で得られたデータやカウンセリングの結果から、手術の時期や内容など詳細な治療計画を立てご説明します。患者様にきちんと納得していただいたうえで、治療に入ります。

一次手術

口腔内の状態が整い次第、顎の骨に人工歯根を埋入する手術を行います。時間の目安としては約30分程度です。術後は仮歯を装着して人工歯根の定着まで待ちます。

二次手術

顎の骨と人工歯根がしっかりと結合していることを確認後、頭出し手術を行います。歯ぐきを再び切開し、被せ物を装着するための土台(アバットメント)を装着します。

被せ物の作製・装着

お口の型取りを行い、この型をもとに被せ物を作製します。被せ物ができあがったら土台に装着し、咬み合わせなどの微調整を行います。

メンテナンス

インプラントを長く機能的に保つためには、定期的なチェックやメンテナンスがとても重要です。定期検診で、毎日のブラッシングでは落としきれない汚れを取り除き、咬み合わせの状態などのチェックを受けましょう。

当院のハイレベルな設備での治療はこちらで紹介しています。

  • ページの先頭に戻る