最新の設備で精度の高い治療を

歯科用CTについて

歯科専用のCTとは、歯や顎の骨をあらゆる角度から鮮明な3D画像で確認できる装置です。インプラントなどの精密な治療には必要不可欠で、肉眼では正確な確認ができない根管や親知らずの治療においてもとても重要になります。

歯科用CTを使用するメリット
精度の高いインプラント インプラント治療には、歯科医師の技術に加えて正確に口腔内を把握することがとても重要です。歯科用CTで得られる3次元画像によって正確な顎の状態を確認できるため、精度の高いインプラントが可能になります。
安全で正確な治療 インプラント治療だけでなく根管や矯正、歯周病など幅広い治療のための重要なデータが得られます。複雑な形状の根管や親知らずの治療を行うためには、口腔内の詳細な3D画像がとても重要です。
詳細な治療計画 検査によって得た3D画像を用いることで、詳細な治療計画を立てることができます。当院では、患者様といっしょにモニターで画像を確認しながら、詳しい治療方針のご説明を行います。
精密な検査が可能 歯科用CTによる検査では、顎や歯の状態だけでなく炎症部位の正確な位置や大きさなどを詳細に特定できます。また、治療後の経過観察などの際にもとても有用です。
歯科用CTを使用するメリット

インプラント治療

歯科用CTによって骨量や骨密度などの顎の骨の状態が明確になります。また、インプラントの正確な埋入位置や角度なども決めることが可能になるため、安全性や正確性の高い治療が実現できます。

歯周病治療

歯周病の正確な位置の確認が可能になります。肉眼では確認できない場所にある病変部も詳細に確認できるため、精度の高い治療を行うことができます。

歯の神経の治療(根管治療)

これまでのレントゲンでは十分確認できなかった目に見えない顎の骨の状態はもちろん、神経の位置なども正確に確認できるため、治療精度の大幅な向上が実現できました。

親知らずの治療

親知らずは抜歯して治療することが多いため、顎の骨の状態と親知らずの位置の確認がとても重要です。また、近くに大きな血管や神経があるため、歯科用CTによる詳細な口腔内の把握が安全な治療には不可欠になります。

破折した歯の治療

歯が割れてしまった場合の治療においては、割れた方向によってはレントゲンの画像では診断が困難な場合があります。あらゆる角度からの立体的な画像が得られる歯科用CTによって、正確な診断が可能になる場合があります。

口腔内全体の治療

歯科用CTによって得られる口腔内全体の3D画像は、1本のムシ歯から顎関節症などのお口全体のトラブルまで、幅広い治療を可能にします。また、治療期間の短縮や治療の効率化が実現でき、患者様の負担軽減につながります。

マイクロスコープについて

当院では、歯科専用の顕微鏡であるマイクロスコープを治療に導入しています。肉眼では見ることのできない口腔内の患部を正確に確認できるため、治療において高い精度や治療時間の短縮が実現できます。

マイクロスコープを使用するメリット
健康な歯質の保存 ムシ歯などの患部を拡大して必要な部分だけを正確に削ることができるため、健康な部分を多く残せます。
精密な治療 治療が困難な細部を拡大して見ることができるため、精密な治療が可能になります。また、肉眼では見落としていたような小さな患部も見逃すことなく治療できます。
美しい仕上がり 肉眼による治療では、補綴物セット時に詰め物や被せ物と歯にはわずかな隙間が残ってしまう可能性があります。しかし、マイクロスコープで細部を確認することで、隙間のないキレイな仕上がりが実現できます。
マイクロスコープを使用するケース

歯の神経の治療

マイクロスコープは患部を4~20倍に拡大して見ることができるため、これまでは見ることが困難だった歯の神経の治療が正確に行えます。

ムシ歯治療

マイクロスコープは患部を最大20倍にまで拡大できるため、小さなムシ歯もはっきりと確認できます。ムシ歯の患部だけを正確に削ることができ、精度の高い治療が可能になります。

歯石の除去

マイクロスコープを使用することで、歯ぐきの奥に付着している歯石でもはっきりと確認でき、除去の徹底が可能になります。また、肉眼では見えない小さな歯石もキレイに取り除くことができます。

外科的処置全般

マイクロスコープをインプラント治療や外科手術の際に用いることで、細部の作業効率が上がり治療時間の軽減につながります。また、精度の高い治療が可能になるため、体への負担も軽減できます。

院長やスタッフの紹介はこちらからご覧いただけます。

  • ページの先頭に戻る